〒104-0061 東京都中央区銀座7-13-1

TEL03-6264-1730

銀座 歯科 歯医者 ミユキ デンタル クリニック ホワイトニング 審美歯科 中央区

トップページ医師の紹介クリニック案内診療案内地図・アクセス
 

メディア掲載情報

MOBILE SITE

CREDIT CARD

HOME»  審美歯科

審美歯科

オールセラミックス

見た目は良いが、値段が高く割れやすい欠点有。

メリット デメリット
  • 非常に見た目が良く、ほとんど変色しない。
  • 汚れ(プラーク)が付きにくい。
  • 非常に見た目が良く、ほとんど変色しない。
  • 汚れ(プラーク)が付きにくい。
  • 割れやすい。
  • 歯の切削量が多い。
  • 天然歯より固く咬み合わせる歯を痛めるリスクある。
  • 仮止めで様子を見ることが出来ない。
 

 

ハイブリットセラミックス

セラミック(陶材)とレジン(プラスチック樹脂)混合材料で作られる。
オールセラミックスと比較すると柔らかく、周りの歯へダメージを与えづらいが、透明感などの色調がやや劣り、経年的に変色する。

メリット デメリット
  • オールセラより色調が天然の歯に近い。
  • 多少の柔らかさがあり、周りの歯へのダメージが少ない。
  • 金属アレルギーの心配ない。
  • 汚れ(プラーク)が付きにくい
  • 色調がオールセラミックより劣る。
  • 経年的な変色あり。
  • 咬み合わせの状況により適応できないことある。
  • 金属アレルギーはないが、レジンアレルギーがでることある。
 

 

メタルフレームセラミックス

中身が高純度の金箔で、その周りがセラミック(陶材)を焼付けたもの。

メリット デメリット
  • オールセラミックのように土台の色に左右されない。
  • 純金に近い純度の高い金をプレスして作るため、適合がよい。
  • 光の反射率が天然歯と酷似しており偽物感がない。
  • 金属アレルギーの可能性がゼロではない。
 

 

ジルコニアセラミック

メタルフレームセラの内面の金属の代わりにジルコニアが使用されています。

メリット デメリット
  • 強度が強く、奥歯やブリッジにも使用可能、土台の色に左右されない。
  • 純金に近い純度の高い金をプレスして作るため、適合がよい。
  • 光の反射率が天然歯と酷似しており偽物感がない。
  • 新しい素材のため長期的な予後のレポートがない。
  • 天然歯より固く、周りの歯へダメージを与えることある。
  • ジルコニアの周りのセラミックと強度の差が大きいため不均衡にてわれるケースがある。
 

 

PGAクラウン

白金加金(PGA合金)は金合金にプラチナを加えたもの。

メリット デメリット
  • 生体親和性や咬合時の歯への負担が極小。
  • 金属なので強度があり、どの部位にも使える。
  • 適合が良く、二次カリエスのリスクが少ない。
  • 金属なので見た目が悪い。
  • 金属アレルギーのリスクがゼロではない。
 

 

ポイント修正

  • ホワイトニング後の詰め直し(色調調整)
    ホワイトの後にズレてしまった色調をなおす。
  • モアホワイト
    ホワイトの限界以上に白くしたい。でも歯は削りたくない方におすすめ。
    約3ヶ月の目安
 

 

ブラックトライアングルリペア(ヒアルロン酸注入)

歯肉が後退することで被せ物と被せ物の間に出来てしまった隙間を埋めます。被せ物を外したくないときなどに行います。

 

 

歯肉整形術(歯肉ライン修正)

歯茎のキワのラインがバラバラだと、顔が歪んで見えるリスク高くなります。
ラインをそろえてバランスを整える。

 

 


PAGETOP