〒104-0061 東京都中央区銀座7-13-1

TEL03-6264-1730

銀座 歯科 歯医者 ミユキ デンタル クリニック ホワイトニング 審美歯科 中央区

トップページ医師の紹介クリニック案内診療案内地図・アクセス
 

メディア掲載情報

MOBILE SITE

CREDIT CARD

HOME»  メタルフリー治療

メタルフリー治療

『金属アレルギー』と『 デトックスの必要性』

『金属アレルギー』と『 デトックスの必要性』

指輪やネックレスやピアスなどをつけた際、肌が赤く荒れてしまう方がいらっしゃいますよね?
初めて着けた時は大丈夫でも、何度か着けているうちに痒みや赤み、そしてヒリヒリした感じをうけることがあります。これらが代表的な「金属アレルギー」(接触型金属アレルギー)です。
金属アレルギーは目に見えない形で、全身に影響をおよぼしているのです。
具体的には掌蹠膿疱症・扁平苔癬・皮膚炎など、歯科金属疹(遅発性金属アレルギー)が挙げられます。
歯科診療で入れた歯科用金属は、口腔内という過酷な環境においてイオン化して溶け出し、口腔内細菌、唾液、血液そしてタンパク質と結合して『抗原性』を持つようになります。
特に違った種類の金属が存在している場合、イオン化傾向の高い金属から溶解スピードが加速していきます。

パッチテストの結果から金属アレルギーを起こしやすい金属

1位 水銀 23%
2位 ニッケル 13.5%
コバルト 13.5%
3位 スズ 12.8%
4位 パラジウム 11.3%
5位 クロム 9.5%

というデータがあり、全てが歯科で使用されている金属です。

 
 

 

皮膚科における一説

皮膚科における一説では、全国的な金属アレルギーの増加は、長年の歯科用金属の口腔内への適用により、金属イオンに触れてきた日本人の多くが感作され(アレルギーを起こしやすい状態になること)ている結果であるとも言われています。
保険歯科診療でよく使われる12%金銀パラジウム合金は、アレルギーを起こしやすい成分の“パラジウム”と“スズ”が含まれています。

また、『アマルガム』と呼ばれる “水銀” を含んだ詰め物が多く使われてきており、現在も多くの人の口の中に残ったままになっています。
そして、摩擦熱や唾液により容易にイオン化して、体内に取り込まれていきます。

アマルガムは “水銀” “スズ” “銀” が主な合金です。
この水銀は “無機水銀” で腸管壁からの吸収はわずか(5%以下)でも、気化して肺から摂取されると80%程度の吸収率を示し、ヘモグロビンや血清アルブミンとくっ付き毒性を示す。

特に、水銀および水銀化合物の特徴に『気化』され易い事があり、高温にすると最終的にどんな化合物も水銀蒸気になります。

また、治療時は固化するまでに時間がかかるシャーベット状にて使用しており、日本政府でも“アマルガムの硬化する前や、咀嚼・歯磨き、不適切な除去の際に水銀が蒸気している可能性はある”との見解を正式に回答しています。
粘膜からの吸収は承知していないとしても、気化した水銀蒸気が肺へ取り込まれるリスクが非常に高いです。

 

 


PAGETOP